日記じゃねーどは
水彩ギャラリー「アートな午後」
コンテンツの一つです。

もどる

.
2008年7月26日 土曜日 晴れ

ATOKを買いに行く
JustSystemからのダイレクトメールに吉祥寺のヨドバシカメラでATOKのデモンストレーションをやりま~っす!メールの印刷を持って行ったら粗品をあげま~っすって書かれていた。つまり、サクラをやってくれたら、ものを上げるよって言う内容だったんだけど・・・ATOKほしいな~って日頃から思っていたので、メールの印刷片手に行ってきました。吉祥寺のヨドバシカメラにいくのは初めてだったので、意外に大きくてびっくりしました。地下に降りたところでデモをやっていたので、一回シレーっと通り過ぎてから、また戻って(笑)メールの印刷を渡して、粗品をもらって、シレーっと帰るのも何となく悪いかな~なんて思ったりして~とりあえず綺麗なお姉さんがタドタドしくも説明をしくれるので、最後まで聞いてみました。

JUSTSystemすごい!

やっぱり有料のATOKだけあるわ~って納得してしまったので、買って帰りました。

そりゃ、綺麗なお姉さんに、ATOK持ってたら仕事ができる人だな~って思われますよ。少なくとも私はそう思います(ハート)って言われたら買って帰るしかないでしょ!

ダウンロード版と値段が一緒だったのでパッケージを買って帰りました。買ったのはATOK 2008 for Windows [プレミアム]です。辞書とかも一緒にセットになってます。


なんと!!!アマゾンで買った方が安いんですけどー :-)
ATOK 2008 for Windows [プレミアム]
広辞苑 第六版 for ATOK


.
2008年7月18日 金曜日 晴れ

なんってこったSWEBOK
先日、古い版のSWEBOK本を買ってしまったと書きましたが
なんと~なんと~~~~
SWBOK2004最新版を既に買って持っていました・・・ガ~~~~ン杉。



.
2008年7月12日 土曜日 晴れ

ゲド戦記
金曜ロードショーであったゲド戦記を録画していたので
今朝見てみたのですが・・・

あれはひどいですね。


SWEBOKを勉強しようと思いまして・・・
ソフトウェアエンジニアリングを体系的に知識を得ようと思いまして本を買ったのですが・・・
版が古いものを購入してしまいました。

ギャース!


.
2008年5月28日 水曜日 晴れ

街頭テロ
朝の新宿駅周辺は街頭配布でいっぱいになる。
大抵はテッシュや雑誌・冊子といった類であまり興味をひかないものばかりである。
しかし、たまにお試し版の商品などを配っているときなどもあり、
ついつい手が伸びてしまうのである。

昨日もそうだった。

とある化粧品メーカの美白効果のあるというドリンクが配布されていたのだが
私はてっきりそれが栄養ドリンクだと思ってもらってしまった。
せっかくなら最高におしいくいただける状態で、
ということで、会社に着いてからとりあえず冷蔵庫に入れて冷やしてみた。

夕刻になり、それは起きた。
私は冷蔵庫からドリンクを取り出す。
もちろん朝貰った美白効果のあるというドリンクだ。

よく振ってみる。
よく振ってくださいとかいてあったからだ。
これでもかと言わんばかり振ってみてから開封。
ちょっと酸味な匂いがする。
茶褐色の小瓶に入っているため、気付かなかったが白い液体だった。

さて口に注ぎ込む。

人は死ぬ前にこれまでの人生が走馬灯のように流れると聞く。
液体を注ぎ込んだ瞬間、朝方の出来事が走馬灯のように流れた。
今日の朝ぐらいまでの過去なら死ぬことはない。

さて、現実的に起こった事をお話しよう。

右手に小瓶をもち口元に小瓶の口をもっていく。
液体が程よく流れるように結構な角度にする。
彼はのどが渇いていたのだ。
液体は期待通り彼の口に勢いよく注がれた。

「まずい!」

彼は周囲を気にすることなく、大声をだす。

これが現実的に起こった話だ。
味を表現してみよう。
すでにこの表現は2,3人に繰り替えた内容なので実にエレガントに表現できる。
自信はある。

固形ラムネを瓶に詰め、そこにお茶を注いで、棒か何かで小瓶の底めがけて小突きラムネを溶かす。
さてどんな味になるか想像できるだろうか?

まさにそんな味だった。

美白効果があると小瓶のラベルに明記されていたが、
おそらく「顔面蒼白になります」の間違いだろう。違いない。

朝の新宿駅の周りは街頭配布でいっぱいになる。
今回の件で、やたらと手を出すものではないと反省した。



.
2008年5月13日 火曜日 雨

Sony VAIO購入
SonyのVAIOを勢いあまって購入してしまいました。VAIO Type S プレミアムモデル オーナーメイド(VGN-SZ95US)です。実は初めてノートPCで多少なりとも浮かれたい気分です。浮かれさせてください。はい。今日だけは・・・。


  VGN-SZ95US (Ultimate)
  インテル Core 2 Duo T9300 (2.50GHz)
  指紋認証搭載/TPM搭載/FeliCaなし
  HDD 約200GB (7200回転/分)
  IEEE 802.11abgn/WWANなし
  日本語配列/シルバーキーボード
  13.3型クリアブラック液晶 (スリムLED)
  メモリー 4GB (2GB×2)
  SZ95/エレガントフラワー/カメラ搭載

と、言った感じです。側面は「エレガントフラワー」です。本当、すみません。

【参考】
エレガントフラワー


.
2008年5月12日 月曜日 雨

Microsoft Digital Users Day
昨日のことになりますが、
Microsoft Digital Users Dayというイベントがあり出かけました。
内容は写真や動画の編集方法や、道具の使い方などを
紹介してくれるセミナー形式のイベントで、
私は単にセミナー内容に「Silverlight」という単語あったという理由だけでそれに出席しました。

行ってみて一番に驚いたことがあります。
ものすごく年配な方が多かったと言うことです。
明らかに定年は過ぎているであろう男性や
子供はすでに独立しているであろうマダムたちがわらわらといました。
4分の3以上はそういった人で

失礼ながら「デジタル」という単語にはあまりにふさわしくないと
違和感を感じずにはいられませんでした。
しかし、よくよく考えてみると、
今、日本で一番お金を持っている層は、こういった世代の人間であり
デジタルビデオカメラいったものを使用する状況は、
子供が生まれたとか孫が生まれたとか、
時系列的な記録を残したいニーズにもってこいの代物です。
お金がある。そして、ニーズを満たせると言った世代は
つまりこういった世代の方々なのかもしれません。

違和感と言えば、ある人がメモリとディスク容量を間違えて質問し、
あまりに意味不明すぎるやり取りに噴出しそうになりましたが、
やりたい事が先行し、知識やスキルが追いついていないといった、
この世代の課題が見え隠れしました。
もしかするとこう言ったところにビジネスチャンスが転がっているのかもしれません。

ま、そんな訳で、たまにはこう言うのもいいかなぁーって思いながらセミナーに参加しました。

------------------------
https://account.live.com/services.aspx?amnv=0&mkt=ja-jp
セミナー中にWindows Liveの紹介がありました。
意外に知られていない、無料でパワフルな機能があるので
お暇な方が眺めてみるのもいいかもしれません。

Windows Live フォト ギャラリー
http://get.live.com/photogallery/overview
簡単なフォトレタッチができ、写真の整理整頓が容易にできます。

Windows Live SkyDrive
http://skydrive.live.com/?mkt=ja-jp
5Gのオンラインのファイル保存サービスです。


.
2008年5月11日 日曜日 雨

懸賞
先日、マイクロソフトカンファレンスというイベントに出かけた事を書きましたが、
そのイベントでいくつか嬉しい事があったので追記します。

まず、ひとし君人形で有名なマッチョな草野さんがプレゼンターとして登場しました。
最前列にいた私との距離はわずか5メートルでした。
(・・・すみません。うれしいことではありませんね。)

それから、「日経コンピュータ」の年間購読プレゼントに当選しました。
どちらかと言うとITプロ向け(開発者向けではないという意味)ですが
ただでまとまった情報が得られるという点はかなりうれしいです。

あと、イベントでいろいろもらったのでウハウハです。
実質役立つものはマイクロソフトが配布していたボールペンだけのような気もしますが・・・

いや、そんだけです。


.
2008年5月9日 金曜日 晴れ

フロイトと再考
最近、通勤時間に光文社から
出版されているフロイトの「人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス」(訳:中山元)
を読んでいる。

フロイトという名前は知っていて
リビドー、エロスなどの単語は知っていた。
もちろん正確な定義など文盲な私に知る由はなかったのだが、
今回、この本を読むことになって、初めてその意味の淵あたりをなぞる事ができた。

この本はフロイトの文明論集であり、個々はそれぞれ短い。
とりあえずはじめにある「人はなぜ戦争をするのか」は読んだ。
知らない人のために補足すると、この文章は往復書簡であり、アインシュタインが「ヒトはなぜ戦争をするのか」というタイトルでフロイトに宛てた往復書簡であり、本書はフロイトが執筆した返信部分である。

アインシュタイン先生。
物理学者というより変人的、私の勝手な思い込みによるアインシュタイン像はあったのだが
同年代をともに生きたフロイトがアインシュタインと言う人をどういう人と評価するところもあり、
それだけでも有意義な文章である。
と、私は感じたが、それを抜きにしても、この手紙は実に興味深い。

おそらくはこの手紙を私よりはるか以前に読み
その内容を自分の言葉で表現した人を何人も出会ったことをいまさらながらに気づかされた。

そうかあの人はこれを引用して何が言いたかったのか・・・

恥ずかしい話。私は人の話を微塵も理解できていなかったのかと
いまさら気づかされた。

カントのことを言っているのだと思っていた。
実はフロイトの意見だったのか。

恥ずかしい話。私は人の話を微塵も理解できていなかったのかと
いまさら気づかされた。

フロイトの意見だったのか
彼自身の言葉だと信じていた。

恥ずかしい話。私は人の話を微塵も理解できていなかったのかと
いまさら気づかされた。



いまさら同じ土台にたったとしても
時間というギャップは私をどうすることもできない。
とりあえず教訓だけは得た。
読書は考える機会を与えてくれる。
読書と言う行為そのものよりも、
読書という行為で得た物を糧とする行為のほうがより大事なのだ。
よってなるべく早く機会を有効に活用できる状態にして
その機会を得なければならない。

時間は待ってはくれない。


さて、「人はなぜ戦争をするのか」というアインシュタインの問いに対するフロイトが出した解。
私はどのように読み解けば良いのであろうか?

正直、ちょっとむずかしい。



.
2008年5月6日 火曜日 不明

ある意味、ゴールデンウィークだった。
ゴールデンウィーク中、毎日、会社に出社。
いわゆるデスマーチ気味なJOB。

ゴールデン。ある意味にゴールデン。

ピロリロリン。ピロリロリン。1UP。1UP。



.
2008年4月16日 水曜日 不明

東京タワーを見に行く。

東京タワーを見に行ってきました。
いえ。冗談です。

マイクロソフトのイベントが14-15日と連続であり、それに参加してきました。
それがたまたま東京タワーの隣にあるビルディングだったわけです。
でも、実は東京タワーをまじまじと見るのは初めてです。
ちなみに極端に高所恐怖症なので絶対に上りたくないです。
ちょっと長いエスカレータですら怖いビビリマンなので絶対無理です。
失神する上、失禁までしそうです。

そんなわけで、近寄りがたい建造物をまじまじと眺め

「あー俺は東京にいるんだなー」

なんて二三日前まで田舎にいたような人間がおもうような事をいまさら思ってしまいました。
う~~ん。それってどうなの?


ちなみにイベントでは沢山のモノをもらって帰りました。
こういうイベントはいろいろくれるので好きです。



.
2008年4月15日 火曜日 不明

お気に入り
「あの子たちはみんな、魚になんかなったら、学校にいかなくなってしまうわ。
大好きな国語の教科書もよめなくなるし、歴史や地理や理科の資料集だって開けない。
いつもあんなに喜んでやっている書き取りや、作文や計算問題もできなくなるなんて、
あまりにかわいそうよ」

「ヴェネツィアを救え」(著Gianni Rodari)のザンゼ夫人または魚先生の発言。




.
2008年4月3日 木曜日 不明

あの日がいつの間にか過ぎていた!
あの日がいつの間にか過ぎていました!

いや、あの日ですよ。

あの日。

えいぷりるふ~るが

いつの間にか過ぎ去っていました。

せっかくいろいろ嘘ついてやろうと思っていたのに・・・

残念。



.
2008年3月23日 日曜日 不明

恐ろしい夢。
会社のJOBをマネージする立場ではありませんが
JOBの進捗を左右させる立場にはあります(大抵の人がそうだとおもいますが・・・笑)

それで最近、仕事が何か煮詰まっています。

何が悪いのかハッキリとはわからず、
「やみくも」という言葉になんだか親近感を覚えます。
正直、こういう状態は精神衛生上よくありません。

そんなモンモンとした状態なのですが、
最近、恐ろしい夢を見ます。

仕事中に思いつかなかったアイデアが
夢の中で思いつくという・・・本当に恐ろしい夢です。
「う~ん。わから~ん。」って思っていると
それを夢の中まで引きずり込み
思いもしなかったアイデアが夢の中で出てくる。
本当、恐ろしい。


そういった夢を見た次の日は
夢で見た内容が実現可能かどうか試してみて
「うひょ~」っと発狂しています。

本当、恐ろしい夢です。


-----------
追記)
数ヶ月前に夢の中でものすごくおしゃれな「バッグ」を買う夢を見ました。
そのバックを今でも覚えているのですが
現実世界で見たことがありません。
いったいどこから湧き出てきたバックなのか・・・
普段からそういうバックが記載されている雑誌なんて見ないし
そもそもバックに興味なんてないので
自分が創造したものなのか
それとも道端でたまたま他人が持っていたものが
頭の中に残っていたのかわかりませんが
あのおしゃれなバックを見つけたら是非とも購入したいものです。
もちろんお財布と相談しなければなりませんが・・・。



.
2008年3月21日 金曜日 不明

フィギュアスケート世界選手権
浅田真央はぶっこけました。
でも一位でした。

こけたのに何で金メダルなん?
って普通は思いそうなのですが、

彼女の滑走は他の選手とは完全に別次元です。

一回こけたぐらいでちょうど良いハンディーなんでしょう。



まあ一回こけたから滑りきったときに達成感より不安感の方が支配的でしたが・・・。
なんとなく一人で納得してしまいました。




それにしてもスゥエーデンって国はやさしい人が多いんですね。


.
2008年3月20日 木曜日 不明

3年B組 金八先生
今日で金八先生が最終回でした。
脚本家数人が何を言いたかったのか
少しだけわかった気がしました。
ずいぶん私が見落としていた点に関して
ドラマを通してわかりやすく解説してくれる
親切な内容は私のようなアホゥには大変助かります。

本当に面白かったです。


.
2008年3月17日 月曜日 不明

周防大島で3歳の子供が行方不明?
ニュースで周防大島で行方不明になっていた3歳の子供が
発見されたというニュースが報道されていた。

周防大島は私の故郷である。

ニュースキャスターが続ける。

周防大島西安下庄・・・アレ?

見たことのある光景がTVに写る。

どう見ても実家の近くなんですが・・・


発見された場所はかなり山奥。
あの場所を知っている人間はあんまりいないと思うのですが
まあ発見されてよかったよかったと



で、発見者が友達のお父さんでした。
きっとお魚の養殖をしているので
その通り道で迷子を発見したんでしょう。

よかった。よかった。



それにしても
TVで地元が出たり
知っているおちゃんが登場してしゃべってる姿を見るとすごく違和感を感じます。

思わず静止画のキャプチャーを撮っちゃいました(笑)


.
2008年3月14日 金曜日 不明

今、興味がある事。
今、興味がある事。

最近の過去を思い起こして気になったものが
今、再び興奮状態になるものであれば、
それは「今、興味がある事」に分類する。


1.Windowsのインサイド。
  「インサイドWindows上・下」という本を購入した。
  Windowsのアーキテクチャや外部からそれを見るための手法がなどが紹介されている。
  この手法を使えば余り興味のないアプリケーションも
  Windows上でどう動いているのか?という興味の視点の変更が行えるため、
  興味の対象へ変換でき、確実に自分を有利な状態にすることが可能である。
  と妄想できる。


2.ユーザインターフェイス。
  とりあえず「Oh!」と驚かせたい。ちなみに私の最近の仕事はUIのプロダクトである。

3.認知心理学
  アフォーダンスとか認知的不協和とか
  世の中にはさまざまな基底、原理原則がある。
  知ると面白いので知ろうとしてしまう。

4.統計学と社会心理学
  マイクロとミクロ。この関係は意外に面白い。


.
2008年3月9日 日曜日 不明

私の周りに漂う英語
プログラミング関連の情報が知りたくて
とうとう洋書に手を出してしまった。
図やコードが多いので英語がわからずともある程度はわかる。

だが分厚い1300ページもある。

こんなに厚いと翻訳本は出ないだろう。

あー。英語メンドー。




.
2008年3月6日 水曜日 晴れ

私の周りに漂う英語
プログラミング関連の情報が知りたくて
とうとう洋書に手を出してしまった。
図やコードが多いので英語がわからずともある程度はわかる。

だが分厚い1300ページもある。

こんなに厚いと翻訳本は出ないだろう。

あー。英語メンドー。




.
2008年3月6日 水曜日 晴れ

3年B組 金八先生 はやっぱり良い。
今日の金八さんも最高でした。
やっぱり今回のシリーズは、何か違いますね。

金八さんは背中をちょこっと押したりするだけ。

生徒が自ら考え
自らの力で生きる。

まあ、私が語るとドラマ金八さんがチープなもののように
見えてしまうかもしれないので今回はこのあたりで・・・。


ああ、そうそう金八さんに「茨木のり子」がやたらと出てくるので
詩集が読みたくなりました。


【参考】わたしが一番きれいだったとき by 茨木のり子
http://jp.youtube.com/watch?v=ZP9Ns23TTFg

ルオー爺さんのように
           ね




.
2008年3月4日 月曜日 晴れ

親子の拷問。
赤坂見附にあるOracle本社に今日、出かけた。
その帰り道のことである。
丸の内線からJRの中央特快に乗り換える。
この時間帯にしては比較的空いていたが
やはり大都会、東京。
肩があたりそうなくらいの間隔だった。

私は後ろからのプレッシャーでそのまま奥へと追いやられた。
そして、目の前に子供らしき声が聞こえた。
しっかりと会話は出来るが、まだ小学生ではないか、低学年くらいか
女の子が私の目の前にいた。
おかしな事に、口が開いていないのに声が聞こえてくる。
結構なだだをこねている。
お母さんとお父さんらしき人もいる。
奇妙な音の音源が、女の子ではない事に気づく。
女の子より小さい弟君がいる事に気づいた。
ダダは弟が発して声と気づくのにそんなに時間はいらなかった。

それにしても、かわいらしい女の子だと思った。
勘違いしないでほしい。
でも、ずいぶん、ずいぶんかわいらしい顔立ちをしていた。
私は思わず感心してしまった。

母親の顔が電車の窓に映る。

そうでもないか。

ずいぶん。私は失礼だ。本当に失礼な男だと思う。

不意に父親の顔が視界にはいる。
男にまったく興味がないので気にもしなかったのだが
見てびっくり。
女の子の顔にそっくりなのだ。

勘違いしないでほしい。
別に父親の顔がかわいいなんてこれっぽちも思っていない。
でも、似ていた事になんだかほほえましい気持ちになった。

弟は、まだ、ぐずっていた。
いつのも私ならおそらくはイラっとしていたかもしれない。
私は短気だし、男には興味がない。

お父さんはぐずる子供にいう。

「もーすぐだから。」

それでもぐずる子供に

「お尻ぺんぺんするよ」

という。
あまり効果はなかったようだ。
普段から飴の鞭なのだろう。

そしてお父さんがお母さんにいう。

「こいつチ○チ○、さわっとる」

まー子供だ。自分のチ○チ○ぐらい触るだろうっと思っていたら
なんと父親のチ○チ○を触っていたらしく。
母親は苦笑。父親はにやにや。弟君はゲラゲラ。

父親は

「あー」

なんていっておどけてみる。

母親は苦笑。父親はにやにや。弟君はゲラゲラ。
そして、女の子は満面の笑みを母親に向けている。

暖かい家族だ。

なんて思っていたのだが、
雑音が聞こえる。

ジー

どうやらチャックも開いていたらしい。
わいせつ物陳列罪だ。

この狭さ。
どうしようもない。
私は見ていない。
いや、チ○チ○を見たとかじゃない。大体、パンツはあるはずだ。
そうじゃなくて、

あまりにも面白すぎて
彼らを見ることが出来ない。
電車内にあるテレビモニターを凝視する。

あー。

あー。

しばらくすると
女の子の頭をお父さんがペチンとたたく。
意外にいい音がした。

何か起こられている。

「ほらポケットから出しなさい。」

「ほら」

お父さんは女の子からそれを奪う。
私の視界に入ってくる。

なにやら茶色い紙が一杯、私の目に入る。

キップ?

そう。

大量のキップがなぜか女の子のポケットから出来た。
いったいどこから。
女の子は真っ赤な顔をして、うれしそうにキップを取り出す。

お父さんもさらにいう。

「左の方も!」

父親の勘は鋭い確かに左ポケットからも一杯キップが出てきた。
母親は

「どこで?」

首をひねる。
父親にもう一度ペチンとたたかれたが
満面の笑みだった。

何でもポケットに入れてしまう女の子。
あまりに顔とミスマッチだった。

母親は苦笑。父親も苦笑。弟君はゲラゲラ。
そして、女の子は満面の笑みを母親に向けている。
そして、おそらく私も満面の笑み。

私は笑いを堪えられるか、それだけが心配だったが
そして、何とかその親子の拷問は新宿駅で終わってくれた。
たった一駅分の拷問だったが、もっさりなボリュームだった。

おかしくて
ふきだしそうで

おかしくて
ふきだしそうになった。

JR中央線は去年から新車両になりテレビモニターが付いている。
特にお天気情報がいい。
なぜならお天気お姉さんがかわいいからだ。
だからいい。

私は、拷問の余韻を消そうと必死でテレビモニターを眺め家路についた。


.
2008年3月2日 水曜日 晴れ

酔っ払いの喧嘩を止めてみたものの
武蔵小金井駅の南口は見事に寂れているのだが
路地に入るとそれでも数件の飲み屋が軒を連ねている。
当然、それなりの時間に通れば酔っ払いが歩いているが、
小金井自身寂れているので若者の酔っ払いはおらず
大抵がおっさんがじいさんだ。

で、先ほど
家に洗剤がないことに気づき
閉店前のSEIYOUに駆け込み目的を果たした後の帰り道の事だ。

おっさん同士がもみ合っていた。
いや、あからさまに一方的に暴行を加えていたため
暴行を加えていたおっさんの襟足を捕まえて引き離そうとしたのだが
どうつかみ所が悪かったらしく
服がベリベリ・・・って

あーみたいな。

おっさんが私に向かって

「200万スラれた!」

とか言ってくるの。
と思ったら、また、暴行を加えられていた人を足蹴りし始めたので
また、止めに・・・

「200万スラれた!」

「私が何をしたというんだ」

お互いが意味不明。

そうこうしているうちに
止める人間がわらわらと来たのだが
これがまた酔っ払いで

「フォーフォー」と奇声を上げる。

ちゃんと喧嘩を止めてはいるのだが

とにかく奇声を上げ意味不明。

誰かが警察をよぼうかというと
暴行を受けているほうも暴行を加えているほうも
そうしてくれと、なぜか俺に言ってくる。

携帯も何も持っていないんだけど・・・

何か怒りがこみ上げてきたので

「お前が呼べよ」

って暴行していたおっさんに言ってみたが、
また意味不明なことをいっているので、

アパートが目の前だったのでとりあえず
携帯を取りにアパートに戻り、
それから、現場の路地に再び戻ってみた。

しかし

・・・誰もいない。

地面には私が破ってしまったと思われる服の一部が・・・
よくよく見るとボタンが付いている脱着式のフードだった。

「あー破れたんじゃなくて外れたのね・・・」

しかし、あのおっさん達はどこに行ってしまったのか?
人っ子ひとりもいない・・・。

狐につままれた気分だった。



あんまり飲みすぎんなよ団塊の世代のおっさん達。


.
2008年2月22日 金曜日 不明

3年B組 金八先生 「教室一杯の恋の歌」
やっぱり金八先生は面白いですね~。
今週は「教室一杯の恋の歌」という主題でしたが、
私的には「心と言葉」というタイトルをつけたい内容でした。

心の強さと言うのは言葉に出して初めて強くなる。
だから勇気を出して言葉に出そう。

という内容だったと思います。

まああらすじ↓こんな感じです。
-----------------------
オデブな女の子が、鈍感なサッカー馬鹿に振られて落ち込んでいた。
そこで坂本金八は生徒全員に恋の短歌をプレートに書かせ
それを教室一杯に貼り付け
ひとつひとつにコメントをする。

どうだい?
恋というテーマだけでも
人の心と言うのはこんなにも多様で深いだよ~

心で思っているだけでは、誰にもわからないし誰も彼も傷つかない。
でも、勇気を出して言葉にすれば
世界は変わる。

っと生徒に説く。
-----------------------

と、言う内容だったのでタイトルは
「教室一杯の恋の歌」
になったのでしょう。

私は、前々か伏線ばかりの美香が気になります。
だんだんと友達がほしいという表情をあからさまに見せる描写がドラマ中に出てきて
今回、初めてクラスメイト(複数人)に勇気を振り絞って
声をかける美香に私は涙しそうになりました(笑)
これまでは大抵1対1だったんですけどねー。

そうそう、この子ものすごく表情の作り方がうまいんです。

雰囲気を凍らずような支配感。
絶対にそらさない目線。
強気な表情の裏にある小動物のようなおびえた目。

これがこれまでの美香でしたが
今回は

うれしさをうまく表現できない初々しい笑顔と戸惑いの表情
が新たにアビリティに追加されました。

来週は美香がメインみたいなので
これからの動向に期待です。


.
2008年2月16日 土曜日 晴れ

今週は色々ありました。
今週は色々とありました。

まず、Developers Summit 2008 - デブサミ2008というイベントに参加してきました。
それからバレンタインデー
あー後は。。。。

あれこれだけでした。すみません。

Developers Summit 2008 - デブサミ2008
デブサミとはIT開発者が一同に集まってわいわいするイベントです。同じ業種の人たちがあつまってワイワイするイベントなので楽しくないはずがありません。ええ。物凄く楽しかったです。

有名人にも会えます。
有名人の話が聞けます。
私なんかより遥か高みでアクセクしている人たちが今何を考えているのかが聞けます。
いろんな人の考えに触れるというのは物凄く刺激になります。
目標が出来ます。
今、すべきことを見据えることが出来ます。

本当に楽しかったなー。

でも、会社に帰って会社のモチベーションのなさにちょっと現実に戻らされ、
あれはユメだったのだろうかと
狐につままれた気分になりました。

以上、



バレンタインデーは??

いやな~んもありませんでした。


以上


今度の金八はなんか違う。
八先生を見ている人がいません。
あんなに面白いドラマはあまりないと思うのですが、
どうしてなんでしょう。

と、考えても仕方がないので、そこは置いといて、

今回の金八先生はこれまでの金八先生とは微妙に路線が変わったと思います。
前回、前々回、私がはっきりと記憶しているのは
上戸彩が性同一障害の役に出ていたり
引き篭り兄や家族に悩む少年の話、
覚せい剤をやっている少年など
結構シリアスなテーマを取り扱っていたシリーズが多いです。
ここ数年間に放映された金八先生は
「保護されるべき弱者の内面性に必死にアプローチする先生が
 いかに問題解決するか?」
中学生の弱さ、子供としての中学生、社会と社会性とアプローチ
彼らの抱える問題を理解する事がテーマの中心でした。
なぜなら金八先生は問題を解決する。
または問題解決を手助けする存在ですから
ドラマの構成としては当たり前です。

まあ私のたどたどしい記憶なので実際は違っていたかもしれません。


でも、今回の金八先生は微妙にその路線からずれていると感じます。
まず力強い中学生が描かれています。
また、成長というより自立が描かれている点も重要です。
今までは問題を解決することに着目点がおかれていましたが
今回は問題解決をした後のその後の行動に関してドラマが展開されている点も興味深いです。

「自らの意思で自らの悟性を使用する事」

って何かの本に書かれていましたが
人間ドラマとしては確かに面白いところだと思います。
進化する金八先生のこれからの展開に期待します。


.
2008年2月9日 土曜日 晴れのち雪

いつの間に雪が積もったのか?
昼すぎ、三時くらいだったか、そのとき外に出たときは、雪は積もっていなかったし、霙のような粉雪が待っている程度であった。私が知る限り、粉雪が降りはじめると雪は積もりやすい。豪雪地帯に住む知り合い数人が粉雪程度では雪は積もらないなぞと言っていたが、あえて言おう。それは間違いだ。雪が年に1回か2回の数で程度しか積もらない人間から言わせてもらえば、粉雪が降らないと雪は積もらない。いわゆるボタン雪は解けやすいからだ。雪が積もればボタン雪のほうが積もりやすくなるのだ。もちろん地面に雪があるので体積の大きいものの方が早い。と、こんなところで力説したところでどうにもならないが、とにかく3時あたりは、雪が積もる気配など微塵もなかった。ところが22時あたりか、窓を開けてみると雪景色に変わっていた。外に出て確かめてみるとあいにくベチョベチョになっていて余り感じの良い雪ではなかったが、短時間でここまで積もるものかと驚いた。一週間前の日曜日も雪が積もり、金曜日も通勤中の電車から眺めた世界には、雪景色が広がっていた。そういえば久々に通勤電車から富士山を眺めることもできた。去年は暖冬であったが、今年はそれなりに冬らしい冬なのか雪が積もったりする。アクセクあたら着すぎなのか、あまり感動はないが、冬が好きなので冬らしい冬は好きだ。


Windows Server 2008
Windows Server 2008 Enterprise and Window Server 2008 StandardがMSDNから落とせるようになっていた。いつの間にって感じだが、まあせっかくMSDNを購入して所持しているので落として遊んでみようと思う。ちなみにボリュームライセンスキーの使用限度が1500回となっているのだが・・・はてさて・・・これはサーバの利用者という意味か??1台につき100人を想定??

っていうか落とせるのはRC版だった(笑)



.
2008年1月30日 水曜日 晴れ

使いこなせExpression Blend!
今週から本格的にWPFの勉強モードに突入している。WPFとはアプリケーションのプレゼンテーション層(画面の事)あたりのフレームワークの事で、平たく言えば、アプリケーションの画面をお絵かきする為の便利なパーツや画面アクションの提供してくれるおもちゃ箱みたいなものというべきか・・・(全然、平たく言っていないのはご愛嬌で)
と、言うわけでアプリケーションの画面を作るための勉強をしている。別に画面を作っているわけではない。そのうち画面をまじめに作らなければならないので、今、必死(?)になって会社でいそいそと勉強しているわけである。
もともとお絵かきは見ての通り大好きなので苦にはならない・・・というわけではない。面白さより面倒な面のほうが先に来てしまって、なかなか受け入れがたいものもある。今使っているツールはExpression Blendというマイクロソフトがどからか買収してきた企業製品だ。ほいほいとパーツをフレームに乗っけてお絵かき間隔でアプリケーションのデザインが出来る。さらにアニメーションも作成したり出来る。デザイナー用ツールなのだ。しかし、デザイナーツールであるが故にプログラマ的に発想や嗜好そして期待すべき動きに反するような動きもしてくれる。と、まあいつの間にかお絵かき家からプログラマーに完全転職してしまった自分がいる事に気づく。。。

たまには絵を描いて野生の勘を取り戻す必要がありそうだ。



.
2008年1月28日 日曜日 晴れ

とぼとぼSQL
私はプログラマとして致命的な弱点がある。それはSQLがまともにかけないことだ。もちろん世の中にはSQLなんて書かなくて良いプログラマ達もたくさん居るだろう。ただし、私はそんな環境に居ないし、そもそもかけて当然の世界でまともにかけないのは、もちろん私に何らかの欠点、弱点があるからだ。

私は正直2次元配列というものが苦手なのである。いや、もっと言えば一次元配列も苦手なのである。何故苦手かって?それは私の短期記憶が非常に弱いというところからきていると思う。普通の人間はある記号が並んでいるときに5個ないし6個は記憶でるらしい。しかし、私の場合は3個が限度で4個以上は何らかのテクニックを使って覚えなければならない。つまり脳の記憶能力がないため、脳の考える力を使って記憶をカバーしているとこ言うことになる。余りにも無駄なリソースの使い方をしているために1次元配列の認識にパワーが必要となる。2次元配列どころではない。もう一つの苦手は対象性の認識力だ。私は右左を無意識で判断できない。右、左を判断する場合、右の反対が左なのである。一発で左が左と判定できない。東西南北の感覚もそうだ。北がこっちだから、東がこっち。みたいな考えをする。結構、時間がかかるのだ。そんな判断を瞬時にしてしまえば、もっと高級なロジックも効率よく判断できるのであろうが。。。それが出来ない。

SQLというのは上記の2点を瞬時に判断しないとロジックが組めない。カラム名を覚えなければならないし、結合条件を瞬時に判定しなければならない。しかも、判定条件を書く前に結果で示したいカラム名を書かなければならないため、実は頭の中でマトリックスが出来ていないとSQLを先頭から書いていくのは難しいのである。とまあ、SQLの文法が意味不明なので結局記憶に頼るような書き方をしなければならないということだ。SQLは将に記憶力で物事を押し切る人に打って付けの言語であろう。私には無理だ。

と、自分で思い込んでいるから性質が悪いのかもしれないが・・・とにかく苦手なのである。だから今年はSQLから逃げずにちょっとがんばろうかなーなんて思っている。うん。がんばれよ。明日の私。



.
2008年1月26日 土曜日 晴れ

とあるクロスセミナーに出かけてみる。
クロスセミナーって言うのは特定のグループが外部のグループを呼んでセミナーを開催することである(たぶん)で、私はどちらのグループにも参加していなかったにも関わらず、両方とも見てみたいという欲望のもと、クロスセミナーに参加してみた。

内容はともかくデモンストレーションや講師の一人が所属する会社によってこうも違うのかと、なんだか自分を重ねて感慨にふけた。個人が企業を選ぶ基準に社風というのは案外重要なのかもしれない。セミナー講師が奇声を上げる・・・それが許される会社には私は入りたくない(笑)



.
2008年1月23日 水曜日 雪

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

特にこれと言った理由もなく、更新をサボりました。



ええ。


で、今日、東京では雪が降りました。
相変わらず私の体はおかしいのか寒さを感じないのですが
朝方は本当に激しく雪が降りました。

あまり雪が降らない瀬戸内育ちなので、
雪が降るとものすごくうれしくなります。

ウキウキです。

会社はいつもブラインドが下がっているのですが
今日は何故かブラインドがあがっていて吹雪くのがよく見えました。

きっと私以外にも雪が降ると浮き足立つ人が居るんだと思います(笑)

ええ。



.
2007年12月16日 日曜日 晴れ

宮崎あおいがかわいいので。
宮崎あおいがかわいいので
カコナール2を買いました。

と言うと普段の私の言動を知っている方にとっては
まったく不自然でなく受け流されてしまう可能性があるのが
心の痛いところですが

ええ。

風邪を引きました。
のどが痛いです。

カコナール2の効用を見ると下記のように書いています。

かぜの初期の諸症状に
・さむけ
・発熱
・のどの痛み

症状に当てはまるので
(宮崎あおいがかわいいので)
カコナール2を買ってきて飲んでいます。
風邪薬を薬局で買って飲むと言うのは
あまりしたことがないのですが
最近、ようやく社会人としての意識が芽生えたと言うか
そんな感じで無理しない程度に無理しています。

ところで
宮崎あおいですが、
来年の大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」のヒロインとして
主演されるそうです。

NHKは、どんだけ宮崎あおいがすきなんでしょうね。
まったく。

いや、別に文句ありませんよ。

はい。



第16回 東京ミネラルショー
本日、東京ミネラルショーの最終日だったので、風邪の体を押していってきました。全く何をしているんだと・・・。行くまではよかったのですが、ヤッパリ体調が悪いので何も買わずにそそくさとかえってきました。それに人が多すぎてゆっくり見れませんでした。


.
2007年12月14日 金曜日 晴れ

技術を大事にする企業。
うちの会社は社長と懇談をするという懇談会が存在する。
社長の代が変わったため、ノルマの懇談回数が初期化された。
そういうわけで、先日、わが部署のグループの数名が社長を囲って懇談会を開いた。

前社長は営業上がりであったためか、正直話が合わなかった。
それ以前に考え方自体がかなり違っていた。
IT業界にいる中で、ただのライセンス販売屋になりたいみたいな意見を言い放ち、
挙句の果てには「内の会社にPGはいらねー。」と言う始末。
ものづくりの現場をまったく知らず、
製品がいかにして作られているかなんてお構いなし
最終的に売れて利益が出ればいいなんて、どこかのIT企業を名乗る面々と同じ狢だった。

結局、その会合は現状の会社の状態を真っ向否定し、
持論だけを展開する人間に誰が付いていくのかと
と、不満ありありな散々な結果だった。

そして、先日行われた現社長との懇談会である。
今回の社長は技術屋上がりなため、意見が180度変わっていた。
ものを作れる人間がほしいといきなり言い放つ。
もちろん、単に前回の社員の不満を知っていたため、振りだったのかもしれない。
だたその一言で社員は救われるのだと思う。

誰だって自分の仕事には誇りを持ちたい。
社会貢献をしたいと思う人間はまれだと思うが
自分の尊厳は確実に認められたいものだ。

社長との懇談というより社長がいろいろ話したくて仕方がないらしく。
あれはいい。これはだめだ。どこがまずいのか。どうしたら改善できるか。
私は社長の建設的意見に耳を傾け、
やる気が充填された。

私はほめられていると感じれば確実にいい方向へ向く人間だ。
否定されるのが極度の怖し、結果、能率を下げる。
今回の懇談会は私にとって非常にプラスになったと思う。

社長が変われば会社も変わる。
社員が変われば会社は変わる。
人が変われば世界は変わる。


Microsoftの言葉を借りれば
「People Ready Business 社員力を経営力に」
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00361/v01965/v0196500000000395254/



.
2007年12月13日 木曜日 雨のち晴れ

タイ人にはなれない。
タイ料理を食べに行く。
正直なことをいうとタイ料理とか韓国料理とか辛いものが
ベースになっている料理は好まないし、自ら進んでいくことはない。
いや、どうしても行かなければならない状況でない限り絶対に口にしたくない。

が、今日、なんだかんだでさしたる理由もないのに
不覚にも行くことに同意してしまった。
もちろんタイ料理を食べに行くことだ。

ものすごく暴言からはじめば
タイ料理というのは
味音痴な人間のための料理だとしか思えない。

辛いもの甘いもの酸っぱいものを
素材そのものをごった煮した挙句
出来上がったものに対して名前付けしているとしか思えない。

ほかの言い方をすれば
何らかの味を求めで出来た味ではなく
偶発的に出来上がった奇抜さを
何世代もの食べ続けることで
規格化された料理と言うことだ。

いつしか辛いものでなければ料理でないという先入観が生まれ。
パイナップルにも唐辛子をかけてしまう
そんな食文化が生まれてしまう。
スイカに塩をかけるのとはわけが違う。
大体、スイカに唐辛子をかける日本人はおそらくいないだろう。

別に適当な思いつきで書いているわけではない。
タイは南国、熱帯の国だ。
衛生上の観点から香辛料を使った料理がデフォルトなのだろう。
彼らはそれが正であるため常に辛い料理になる。
しかし、甘いものも酸っぱいものも食べたくなる。
だから、その辛さに負けない味の強いものを具財にし、
具財を切り落としたりしないことで、
味が混ざり合うことを防ぐ。

こうして味のモザイクが生まれる。
モザイクをなす一つ一つのパーツは独立した味を持っている。

私はつくづく思う。
私はタイ人にはなれない。
私は日本人であることを誇りにも思う。

日本人ならやっぱりおむすび。

白いご飯を塩味を付け
米粒と米粒が適度に結合する香りを放つ。

私はタイ料理を食べて

「あーおむすび食べてー」

ってつくづく思った。
心から思った。

やはり私は日本人なのだ。


.
2007年12月9日 日曜日 晴れ

水垢・カビにはアルカリ・黄ばみには酸。
12月といえば多そうですね。
私も人様並に掃除をしたいと思っておりまして
ここ数年の研究成果として

「水垢・カビにはアルカリ・黄ばみには酸。」

という知恵をつけることが出来ました。
---------

トイレの黄ばみには
やっぱりサンポールですね。
あれはすごい!

トイレットペーパーをトイレに入れて
サンポールをぶっ掛ける。
後は半日程度放置してから
じゃーっと流す。
それだけでかなりピカピカ。
後はたわしでこすり落とせばピカピカのトイレに。

黄ばみはアルカリ性なので酸性のサンポールさらしいです。



で、水垢やカビは逆に酸性らしいので
アルカリ性の洗剤を使うと良いらしいです。
先ほど強力カビキラー(混ぜるな危険)を買ってみて試してみたのですが
これがすごい。
バスルームの隅の汚れは歯ブラシをもってしてもぜんぜん落ちなかったのですが
カビキラーをぶっ掛けて放置してみると
ギャー
スゴイー
ギャー
です。
でも、ガスがすごいです。
換気をしないとぶっ倒れそうな臭いがバスルームに立ち込めます。
これは危険です。
ええ。
ええ。

でもカビキラーすごい。

うん。

それだけー。



.
2007年12月9日 日曜日 晴れ

VSUG Day 2007 Winter
昨日のことです。

VSUG Day 2007 Winter

というイベントに行ってきました。Visual StudioというMicrosoftさんから出ている統合開発ツールのユーザ会のイベントなんです。初めて行ったのですが、なんと言うか独特の雰囲気がありました。先月はほとんどJava(Microsoftとは全く関係のない開発言語)な人たちで占められているSeasarのユーザ会に行ったのですが、それとは雰囲気が全くちがっていまいた。


この雰囲気の違いは何なんだ?って勝手に思案してみたのですが、メタフェ的にしっくりくるものを見つけました。

国立大学と私大の違いによく似ています。

VSUGは国立大学的な会合の雰囲気がありました。私は国立大学に行きましたので、雰囲気の親和性に妙な親近感を覚えました。で、行ったの夜に見た夢が何故か大学当時の夢でした。そこではっきりと国立大学だと確信したわけです。

と、まあ私以外にとってどうでも良いことを書いていますが、いやはや、いやはや。
本当、いやはや。



ということです。

Visual Studo User Group
http://vsug.jp/


給湯器壊れる。そして、修理。そして、
今週はじめ、給湯器がぶっ壊れました。そして、今日ようやく修理されました。でも、もう長くはないらしく、大家さんとの相談で新しいものに変えてもらえることになりました。


.
2007年11月20日 火曜日 晴れ

横浜オラクる。
会社を休んで今日は横浜に出かけた。
今日、横浜で世界シェアナンバー1データベースベンダーのOracleが

Oracle Database 11g Launch Roadshow in 横浜
~全国縦断オラクル都市伝説セミナー~

と言うのを開催するからだ。
会社を休んで仕事に役立ちそうな情報収集をするというのは
いささか疑問な行動ではあるが、
業務に役立てたいなんていう考えはまったくなく
単に興味が引かれたことと、
最近、会社の方向性に対するアウトローな思考の結果、
私は会社を休んでそのセミナーに行った。

関係者の目に触れると誤解があるので
誰に断っているのかその他大勢には不明であるが
一応書いておく。あ、それと後ろめたいからとかそんなんじゃない(笑)

休むことは事前2週間前から報告済みで
突然、休暇をとったわけではない。

Oracleがどーのこーのって話は今回は差し控えたい。

そう、そう。
すでに横浜はクリスマス一食だった。いや。一色だった。
新宿とは微妙に違う雰囲気のまち。
渋谷や池袋のそれとも違う。

そう。

海の香りがした。

やっぱり海はいい。



ちなみに中華街に行きたかったが
Oracleセミナーを朝からぶっとーしでかなり集中して聞いていたので疲れ果て
海の香りだけかいでそそくさと家路に着きました。


最近、土日も会社に行ったり、セミナーとか勉強会とかに出かけているので
体が大分疲れているみたいです。

ええ。


.
2007年11月18日 日曜日 晴れ

人知れずPGる。

プログラマー現役続行 (技評SE新書 12)

「プログラマー現役続行」

という本が私の机の上におかれたのは、月曜日の事だ。
二百と数ページしかなく、小難しい話も入っていないので
さっくりと読める内容で、すでに9割以上読み終えている。

なぜ、この本が私の机の上におかれていたか?

PGの先輩が読めよって意図しておいたのだが
それ以上の詮索はやめておこう。野暮ったい。

この本は柴田芳樹というJava関連で訳本を書いている有名な方が出版された本。
私も「プログラミング言語Java第4版」でさっくりとお世話になっている。
そんなPGライクな人が、PGを続けていくにはどうしたら良いか?
周りにどう影響を与える行いをしたら良いか?
どういう習慣を身に着ければよいか?
という点に絞って説いている。

非常に明確な意見が書かれているので
素直に私はそれを納得した、
そして、すでにいくつかの条件を満たす行いをしている自分に安堵した。
と、同時にあせりも覚えた。

いきなり結びに入る。

これからも努力したい。

以上


------
追記 (2007/11/23)
上記の駄文はMixi上に書いたものなのですが、Mixi上で筆者様よりコメントが入り
がぜんディベロッパーとしてのやる気がアップしました!


.
2007年11月11日 日曜日 曇り時々雨

Seasar Conference 2007 Autumn
「Seasar Conference 2007 Autumnに行ってきました。感じたことはJava元気だなーって事ですか。。。

いや、ひがやすをさんが元気でした。


【ブログ】Quillによる属性ベースのDI+AOP -Seasar.NET-に関して
http://pro.art55.jp/?eid=740545#comments
勢いあまって今日聞いてきたことを色々試してしまいました。


.
2007年11月9日 金曜日 晴れ

【視点論点】文系と理系。
7つの習慣の講習会にはグループで議論をしたりロールプレイングをしたりする。
私たちが受けた講習会は三日間あり、グループは常に一緒だった。
そのグループは事業所や事業部が違うので私にとっては初顔あわせであった。
もちろんこれは主催側が意図してそうしているはずなのだ。

一日目はお互いを知ることがすべてであったと思う。
「お互いを知る」ための行動を取っていたと気づくのに2日間かかった。
お互いがわからないので、発言は必ず順番で行う。
一人一人が順番に発言し、何らかの回答を出さなければならないときは
結局、意見の最大公約数を出すことになる。
そういった中で私たちはお互いを知るという事を行っていた。

お互いの意見を交わせば交わすほど、
お互いの共通点を認識したが、逆に交われないものも多くが見えてきた。

そこに、私はものすごく違和感を感じた。

私のグループはあまりにも4人が別々のタイプであった。
一人はかなりのおっちゃんだった。
おっちゃんはとにかく自分の経験を話す。
一人は女性だった。
私と同じ大学出身であることは2日目にわかったのだが文学部だった。
彼女はとにかく自分の感情、どう感じたかによって意見が右へいったり左へ行ったりした。
一人は物静かな人だった。
私は彼に対してあまり記憶がない。
常に誰かとセットになっているような印象を受けた。
そして、最後に私だった。
私が私を語るのは非常に忍びないが、おそらく私は斜め上の意見を言っていた。

そんな四人を大別した。
二日目の事だ。

おっちゃんと女性は文系。
物静かな人と私は理系。

確かにそうだった。
理系は結論を見出したいのだ。
文系は私にはなかなか理解できなかた。
単語を拾っては雑談を始める。
とにかく自分のこと。自分の周りの不満があることをいいたいのだ。
と、私は感じ、それが非常に不愉快だった。
なぜなら結論を出すことにまったく関係のないことであると思っていたからだ。

ところが七つ習慣と言うのは実のところそれが肝心である事を感じた。
いや、誤解のないように書き直すとそれも肝心であるという事を感じた。

いやおうなしに決められた4人で結論を出す作業で必要なのは
お互いの理解である。お互いが理解しようとしなければ、結論は
お互いの意見の最大公約数でしか見出せない。
共通点を見つけ、それが答えだと言うことになるか、
お互いの意見をつぶしあい、結局、どうしようもない結論にしかいたらない。
おっちゃん、女性、物静かな人、そして、私の意見は
われわれのそれぞれの経験、知性、感性、良心などから成り立っている。
それらを理解せずに他人の意見をつぶしてしまうと、本当は理解しあえる意見も
理解しあえないまま、意見は削除されてしまう。

だから、まずは知ることが必要だ。
効率よく、意見を聞くことだ。
おっちゃんや女性が必死に訴えたかった不満に耳を傾けることだ。
そうすれば少なからず、グループで出したい回答もより深みを増す。

私の勝手な思い込みのひとつに
文系はコミュニケーション能力が高い。
もしそれが本当であるとすれば
彼らはおそらく、お互いを知ることで、意見を統括していくと言うことを
経験的に学ばされているのかもしれない。
理系と違って文系にははっきりとした答えを追い求めない。
物理や数学なんぞと言ったものは、回答はたいていひとつで
誰もがそれを認める。二つの回答案が出ればたいてい一つは間違いなのだ。
文系は回答がはっきりとしない、パラダイムによっては回答が何個もでる。
つまりは視点が違うということだ。
視点が違うのと言うことは、それを含めて知らなければならないと言う事だ。
だから、文系はあーも雑談にふけるのではないかと妄想してみたのだ。

だが、それも実際のところ、「文系と理系」という。単なる思考の障壁、
つまり差別意識というべきものから出された自分自身を納得されるための
思考に過ぎない。

理系と文系という勝手な先入観で人の話を話半分で聞いて
彼らの話の結論を聞く前に、その人の話の結論をだす。
彼らの話を探り、判断、かってな評価を加え、
私の中のおっちゃん、女性、もの静かな人の像をつくり上げていた。

本当は
おっちゃんを理解し、
女性を理解し、
物静かな人を理解し
私自身を理解し
よりよい回答を目指すことが大事なのだろう。

七つの習慣に対する私の評価は、実際のところよくわからない。
ただ、この講習会に関しては、私の人生を変えてくれるいい機会であったかもしれない。
いや、是非、そうなるようにこれから努力したい。

以上




.
2007年11月8日 木曜日 晴れ

七つの習慣
今、会社の研修で「七つの習慣」を受講しています。

私はどうしても「依存」から抜け出せません。

どうすればいいのか

何をすればよいのか

おそらく検討は付いています。

以上


.
2007年11月5日 月曜日 晴れ

探す。探す。探す。
にこにこ動画をぼちぼちと押しては内容を確かめていると
(別に何か見たかったわけでは、暇つぶししてた)
心になにか響く曲を見つけた。

「ぼくの仔犬がいなくなた。白く・・・(忘れた)」

見つけたと書いたが、実際には数十秒聞いただけで
気にもせず、またボチボチといろいろ押しまくっては
探すものも何も無い動画に何かを期待して手を動かし続けた。

これが数日前の話である。




今日もまた休日出勤した。
仕事が気になって会社に行ってしまう。
これはもう病的なのかもしれないし
単に終日出勤による営利目的な行動なのかもしれない。
そんなことはどうでもよく。

休日の仕事ははかどる。

いや、それもどうでも良くて
ふと

「ぼくの仔犬がいなくなた。白く・・」

帰りの電車でも

「ぼくの仔犬がいなくなた。白く・・

そして家についても

「ぼくの仔犬がいなくなた。白く・・

で、結局、私は私の脳が欲している何かをインターネットに問い合わせてみた。

「この曲って何ですか?」

とりあえず歌詞検索サイト2件に問い合わせてみたがいい返事はなく。
googleに聞いてみると、一件だけ歌詞の出だしが書かれているサイトがあり
タイトルなのかアルバムの名前なのかはたまた歌手の名前かわからない名前を入手。

WO QUI NON COIN

フランス語???

「私」 「犬」 「いなくなった」

か?

で、ここからまたgoogleさんに聞いてもいい返事がこず、
YouTrueさんに聞いてみるとなんとビンゴ。

http://jp.youtube.com/watch?v=J1wHA-Wpakw

これだ!

で、こんどはamazon君に聞いてみました。
ええ。
かなりほしくなって、CDを買うことにしました。

で見つかりました。

http://www.amazon.co.jp/COWBOY-BEBOP-SOUNDTRACK-3-BLUE/dp/B00004RCCA/ref=sr_1_4/250-4878790-2644219?ie=UTF8&s=music&qid=1194190664&sr=8-4

何かのアニメの曲だったみたいです。
こんな曲をアニメに使うのか??
っとはなはだ疑問ですが
melancholicな雰囲気のこの曲がかなり気に入りました。




しかし、この曲が何であるか探すのが大変でした・・・ははは。



.
2007年11月1日 木曜日 晴れ

ブログを書いています。
http://pro.art55.jp/

プログラミング関連のブログを書いています。それだけです。


.
2007年10月31日 火曜日 晴れ

間に合わなかった人。
帰りの電車、ドアの方に顔を向けそわそわとしているおばちゃんがいた。
格好は外にでるような格好というより
どちらかと言うと家の中の格好であった。
上着には犬の毛と思われる毛だまがたくさん付いていた。

そんなおばちゃんに一本の電話がかかってきた。

大声で話すおばちゃん。

私は正直うるさいと感じたが、
イヤホンをしていたので実際には
そんなに気になることは無いほどの
声だったに違いない。

ただ印象でそんな風な跳ね返しをしたのだと思う。

おばちゃんは電話で「まだ中野」と大声で話していた。
音楽を聴いていた私には時々はいる雑音で会話の一部が流れ込んできたのだ。
何を話しているのかわからないし、実際に内容なんてどうでもよかった。

ところがおばちゃんはだんだんと肩を震わせ始め
何かぶつぶつといった。

後姿からもおばちゃんが泣いているのがわかった。

おばちゃんは電話を切り、その携帯電話の画面が私に見える形となった。
おそらく韓流スターの誰かと思われる笑顔がむなしく私の見つめていた。

そして、おばちゃんはまた誰かと話し始めた。

「間に合わなかった。」

確かにおばちゃんはそういっていた。
いや、最初は何を言っているか聞こえなかったが
声がだんだんと大きくなり、
回りも何事かと思い始めるほどの声でそういい始めた。
実際には携帯の相手にそういっていたのだが
電車の車内に響いていた事は
電車の座席に悠々と座っていた人の表情を見えれば一目瞭然だった。

「間に合わなかった。」

「間に合わなかった。」

「間に合わなかった。」

おばちゃんは何度もそう繰り返していた。


おばちゃんは間に合わなかったのだ。

状況はよくわからないが
とにかく本当に大事なことに間に合わなかったのだ。

おばちゃんの声が時々漏れてくる。

「今、電車、電車の中で泣いている。」

デフォルト大きい声の人なのだろう。
おばちゃんは周囲を伺うように、声を小さくする。
ただおばちゃんは頑なにドアのガラスと向き合っていた。
そして、携帯の世界と電車の中を行き来していた。

私は、大泣きをするおばちゃんにハンカチでも渡そうかと思ったが
あいにくトイレの水でびちゃびちゃのものしかないし、
こういうときどうすれば良いのかわからない。
そっとしておく方が良いのかもしれないし、よくわからない。

そして、三鷹に着き、私の乗っていた電車は特快を通すため4分停車した。
停車中おばちゃんは確かに私の目の前にいたのだが
動き始めたころには姿が無かった。

その代わり、後ろでおっさん一人とおばさん二人が
何かの話で大笑いをしていた。



これが本当にうるさかった。


そして、イヤホンから流れる音楽は誰にも届かないが

私の耳にはうるさかった。



.
2007年10月29日 月曜日 晴れ

山田洋行
守屋前防衛次官が本日、証人喚問を受けた。
今回の証人喚問は山田洋行から
守屋氏が接待ゴルフなどを受けていた事が明るみでて、
これに関して国会で喚問するというのが目的。

業者との癒着にで、行政が国民の信頼関係を著しくそこなった事は事実である。



ところで、私はあることに気づいていなかった。
おそらく私と同様に気づいていない人はいるに違いない。
そう信じたい。

それは「山田洋行」が人の名前ではないということだ。



ええ。




山田洋行って人の名前と思ってました。



ええ。



すみません。




.
2007年10月28日 日曜日 晴れ

光るペン
昨日の文房具ネタの続きです。いっぱい写真を並べていますが、2本しかありません。

一つはREMIX07と書かれているボールペンです。ペンの中央にあるスイッチを押すとペンの上部から光がでる仕様です。最初は懐中電灯だと思ってこりゃ便利と感心していたのですが、どうも光が弱くむらのある光なのでおかしいと思っていたのですが、壁に光を当ててビックリ。なんとREMIX07と文字が浮かび上がる仕様になっています。ええ。ただ・・・これは実用性全くなしです。



で、もう一つは3色のライトで8パターンの光り方をします。

単色発色 3パターン
2色発色 3パターン
3色発色 1パターン
7パターンを連続して発色するパターン

と8パターン光ります。


ええ。当然、全く実用性ゼロです。




なんのイベントか忘れましたが、東京ビックサイトに見学に行くことになった後輩にボールペンもらってきてよといったのが始まりで、何故か私にボールペンをくれる人がいます。まあ面白ボールペンをいただけるのであれば大歓迎です。ええ。ありがとうございます。面白いものください。



.
2007年10月27日 土曜日 大雨

物欲のおもむくままに。


文房具はかならず特定の機能を要しています。

鉛筆は紙に黒い線を引きます。
消しゴムは鉛筆の書いた線を消す機能を持っています。
ボールペンは鉛筆と似ていますが、
鉛筆と違い、書いた線を消せません。

これら文房具はその用途に合わせて形があり、
機能美としての干渉効果があると私は考えています。

と、えらそうな事を書きましたが
物欲のおもむくままに最近ほしかった筆箱なるものを購入したした。
恥ずかしい話、最近、筆箱を持たない生活を送っておりました(笑)

一応社会人として恥ずかしくないものをチョイスしたつもりです(消しゴム以外)

ちなみにフクロウの絵が描かれた消しゴムはスペインのミランというメーカのものです。
EUではメジャーなメーカらしく小学生とかが愛用しているとの事。

あと、ノギス付きボールペンとか意味不明なものも買ってしまいました。
いや本当、アホです。

あと、アホつながりで金ぴかに光っている消しゴムは500円もします(笑

天然ゴム使用で環境にやさしいとか・・・。

一番実用的なのはブックダーツでしょうか。
丸い缶にはいっているのが、それです。
しおりとして使用できます。




で、結局、三色ボールペンしか使わなかったりしてー




【CDT/クラフトデザインテクノロジー】レザーペンケース
http://bundoki.com/?pid=5389525
【ballograf/バログラフ】EPOCA P シャープペンシル
http://bundoki.com/?pid=2696509
【ballograf/バログラフ】EPOCA P ボールペン
http://bundoki.com/?pid=2696243
【BOOK DARTS】ブックダーツ
http://bundoki.com/?pid=601451
【SEED/シード】天然ゴム字消し SUPER GOLD
http://bundoki.com/?pid=5439477
【MILAN/ミラン】動物消しゴム/436-A
http://bundoki.com/?pid=411589
【KOH-I-NOOR/コヒノール】マーブル消しゴム
http://bundoki.com/?pid=411486
【CLEO Skribent】Messograf/ノギス付きボールペン
http://bundoki.com/?pid=1824752
【BIC/ビック】クリックゴールドボールペン
http://bundoki.com/?pid=323408



.
2007年10月23日 火曜日 晴れ

物欲のおもむくままに。


最近、精神衛生上あまりよくない状況だったので
ストレス発散のために
もんもんと立ち込める物欲のひとつを叶えてみることにしました。

で、結局
お財布と相談した結果。
一番安いものにしました。

それがこのマインドマップです。

右が採用されたもの。
左が未採択なものです。

ま、私の財力はこんなものです・・・。



そうそうFXのスワップ金で8000円程度の利益が出そうです。はい。



.
2007年10月23日 火曜日 晴れ

だ、だるぅぃ。
週休1日で今月通していたせいか
とうとう体がおかしくなり始めました。

ええ。

ちょっと体をいたわりたいと思います。


.
2007年10月23日 土曜日 晴れ

だ、だるぅぃ。
週休1日で今月通していたせいか
とうとう体がおかしくなり始めました。

ええ。

ちょっと体をいたわりたいと思います。


.
2007年10月21日 日曜日 晴れ

レッツ仕事。
日は変わりましたが、
昨日も休日出勤いたしました。

残業代がガッポリです。いや。。。

休みたいです。

ええ。マジで。




今のJobは人は間に合っている感はありますが

あからさまにパフォーマンスが出ません。

問題を考えるとき

「人」が悪いという結論に持っていくと

結局、問題は解決しないことが多いといわれます。

また、そういうケースでは感情に流されるため

適切な判断ができないとされます。

ただ、それをわかっていたとしても

集団、組織というのはその制御を失うことが多々あります。

私はその集団に属しているために

どうしても「人」が悪いという結論に導きやすくなり

いや、私自身の本質からくる問題なのかもしれませんが

結局、人が悪いという結論を出してしまいます。

どうにかならないものかと思考錯誤し疲れ果てます。

休みたいです。


.
2007年10月20日 土曜日 晴れ

SoftBankという企業は嫌いだが。
SoftBankという企業は嫌いだ。

が。

どういうわけだ。

SoftBankの携帯のCMはどうだ。

なかなか好印象だ。



SoftBankの印象操作か?

それとも競合企業の印象操作か?


印象操作されている私には何が真実で何がうそなのかわからない。


.
2007年10月18日 水曜日 晴れ

マインドマップ

MiNDPiECEというマインドマップツールを購入してみました。
早速、自分の「欲」を書いてみました。

最初は、なかなか出てこなかったのですが
書けば書くほど書き足りなくなる。
マインドマップとはこれほどに
自分の脳に問い合わせが出来るものかと感心しました。

これはなかなか使えます。


.
2007年10月18日 水曜日 晴れ

マインドマップ
MiNDPiECEというマインドマップツールを購入してみました。
早速、自分の「欲」を書いてみました。

最初は、なかなか出てこなかったのですが
書けば書くほど書き足りなくなる。
マインドマップとはこれほどに
自分の脳に問い合わせが出来るものかと感心しました。

これはなかなか使えます。


.
2007年10月17日 火曜日 晴れ

JR 緊急停止。。
JRで帰宅中。
電車がいきなり緊急停止した。
それもものすごい勢いで停止した。

私は、出口の脇に寄りかかっていたため
難を逃れたが、
たっていた乗客がことごとく前のめりになり
中には倒れたり、ぶっ飛んだりしている人がいた。

おそらく角に頭とかをぶつけた人もいるだろう。


なぜ緊急停止したかといえば
私が乗っていた電車の前に人が飛び出したとか
非常停止ボタンが押されたとかではない。

3駅も前の駅で誰かがホームから線路に落ちたらしい。

で、過ぎ去ったはずの駅での落下事故(ただ落ちただけ)で
ものすごい勢いで急ブレーキをかけられたわけで
乗客の安全をなんと考えているのか
運転手に問い詰めたいところだ。

おそらく非常停止命令に驚いた運転手が急ブレーキをかけたのだろう。
常日頃、緊張感を持ないから、とっさの動作で判断を誤るのだろう。
乗客の命を預かるJRの運転手にはもう少し責任感を持ってほしいものだ。



キムタク嫌い
私はSMAPのメンバーである木村拓哉が嫌いだ。

彼の演技というのはどのドラマ、どの映画でも木村拓哉なのだ。

ストーリーなんて関係ない。彼は彼自身を演じることで、人から評価を得ている。
よって彼のことが好きな人はおそらく木村拓哉というアイデンティティが好きなわけで
嫌いな人は彼自身のもつアイデンティティが嫌いなわけである。

あの役を演じていた何々は好きだけど、あのドラマの何々は余り好きではない。
なんていう評価は木村拓哉には適応されない。


木村拓哉はいつも彼自身を全力で演じている。
そこは全く否定できない。
だからこそ好き嫌いがはっきりとする人物でもある。


そんな彼を私はつまらない人間だと思う。
そして、なによりプロしての生き方に共感できない。

彼にドラマ、映画を演じさせると、ドラマ、映画の雰囲気がぶち壊され
キムタクワールドになるのが一番にくいし、面白くない。


そして是非、○○さんなりの使い方を発見してください。
とあるツールの体験版を入手した際にメールアドレスを登録した。
そして、気になる文章が書かれたメールがやってきた。

なかなかフレンドリー(慣れなれしい)メールだったので
多少深いな気持ちになった。

中でも下記のくだりにピックっときた。



そして是非、○○さんなりの使い方を発見してください。


この文章は社会人の文章なのか?はなはだ疑問だ。
こういった文章に意識がいかないのもはなはだ遺憾だ。

「~~なりに」

とは、どういった具合だ。
この「なりに」というのがどういう風に使われているかネットで検索をかけてみた。

-------------------------------
主婦なりに考えてみた。
自分なりにがんばってみた。
まがいなりにも、研究者。
素人なりに
僕なりの生き方。
-------------------------------

間違っても他人に対して使う言葉ではない。
自分をへりくだって使う言い回しだ。
それを他人に対して使うとは・・・


最近、言葉の端々が気になる・・・歳のせいか。。。


.
2007年10月16日 月曜日 曇り後雨

DB, SQLは嫌いだ。
非常に扱いにくくユーザに不親切極まりないDB。
問い合わせが面倒なSQL。

こいつらをどうにかしてくれ。神様。。。


.
2007年10月15日 月曜日 曇り

お仕事。
コーディングは楽しいが組織の弊害を感じる今日この頃。



もどる